考える自由『あたまの鍵』

ニュースでも仕事でも見聞き体験から何かを思うことがある。調べようが調べまいが思ったんだからしょうがないじゃん!

ネガティブって悪じゃないでしょ

自分はネガティブですみたいなことを言う人って多いよね。

私もポジティブな人になりたいですみたいな感じも多い気がするんだよ。ネガティブって本来は別に悪い要素じゃないと思うんだよね。

ポジティブと言われる人はネガティブな要素が無いわけじゃないんだと思う。ちなみに自分はポジティブと言われる側の人間なので記事自体に説得力がないかもしれないんだけど、最終的に表に出さないだけでネガティブ要素もたくさん持っている。

ただ自分で言うのも何だけど心に発生したネガティブな心をポジティブな要素に添加していくのはうまいと思う。まぁそれは本題じゃないんだけども。

ネガティブな要素の悪いところは、きっと前に進めなくなってしまう事だと思うんだよね。メンタルコントロールがへたくそで感情の浮き沈みが激しい人って沈んでる時って仕事で全く使い物にならない人がいるでしょ。それじゃ駄目だと思うんだよ。ポジティブな人でも実は気持ちが沈んでいるときはあるんだよ。ただ、応急処置的に感情をコントロールできるから使い物にならないレベルまでパフォーマンスが落ちないんだと思う。

でもポジティブな自分が言うけどもネガティブな要素は本当に必要。

ネガティブな要素ってのは慎重だったり、真面目だったり、人の事気にしてるんだったら逆に言えば人に気を使えるんでしょ?

少なくとも自分の中のネガティブ要素ってそういう物なんだよね。

  • 物事を悪い方向に考えるから慎重になれる
  • 失敗を気にするんだから真面目に考えてる
  • 相手の事を考えるから人間関係に臆病

もし、上に上げた三つのような事を気にしてる人が居たら、それは良いネガティブでしょう。悪いネガティブってのは負の感情なんだから自分を成長させなかったり何でも他人や環境のせいにするような事だと思う。

長所と短所なんて表裏一体じゃん。その短所があるから別の長所があったりするし、自分では短所と思っていても人から見たら長所の場合もある。短所が100個あったら長所も100個あるんだよ。この記事だって書こうと思えば全くの別の記事に出来ると思う。でも自分が思った事書いてるだけだからしない。

短所と思われるものが無くなってしまったら、今の長所が無くなってしまうんだろうなって人がいっぱい居るよ。

資料とかを凄く作りこむ人が居る。でも人間関係でいくと正論ばかりで人間味がないなという人が居る。でも周りが敬遠するその性格が緻密な作業という長所を生み出している。きっとその人が温和でゆるい人間だったら、そんな仕事はしないんだろうと思うやつが実際にいる。

要はネガティブな要素なんて解釈で取りようってヤツだよね。

それをポジティブなんだと言うのかもしれんけど、ネガティブは絶対悪じゃないよ。